小学生のうちから英検を習えばペラペラになれる

2人の子供

ネイティブの発音に囲まれ

プリスクールが選ばれる理由は、脳が柔軟に対応できる子どものうちに自然な英語を身につける可能性が高いからです。カリキュラムもさまざまあり、週に1日からや、放課後だけ通えるところもあります。イベントなど海外の生活を学ぶこともできます。

女性と赤ちゃん

グローバル社会を見据えて

グローバル社会の進展に伴い、英語に触れ合う時間がある保育園も増えてきています。選ぶときのポイントは、エリア、英語と触れる時間の頻度、子どもの意欲、意向です。自宅から近い方がよく、英語に触れる時間が長い方が効果は高いでしょう。

制服を着た子供たち

有名難関園が人気の理由

福岡で有名難関幼稚園が人気なのは、小学校受験に必要となる学力、集団生活で大切な意思疎通能力やマナーなどを養えるからです。また小学校と系列となっている場合は、エスカレーター進学できるため負担が軽減でき、友達と別れるなどの環境変化が少ないです。一般的に幼稚園は短めの保育時間で、その後を有効活用できます。

損することはない

先生と子どもたち

良いことがいっぱい

英検には、年齢制限がないので誰でも受験することが出来ます。最近では小学生での英語の授業が導入され、英検等の受験を小学生でも受けるようになってきました。英検は、勉強すれば誰でも取得することが出来ます。年に何回も開催され、開催場所も沢山あるので受験しやすいのではないでしょうか。簡単な級であれば、市販の教材等で勉強すれば合格することも出来るでしょう。級が上がれば段々難しくなるので、英検の対策をしてくれる塾に通うと合格率が上がるでしょう。小学生の内から、英検を受験しているとメリットが沢山あります。まず一つ目に、学校の英語の授業が理解しやすいことです。先に予習しているのと同じなので、英語の基礎の基盤を作ることが出来ます。そうすることによって授業について行けますし、楽しく授業を受けることが出来るのではないでしょうか。次に中学受験や高校入試の時に役に立つことです。級によっては、大学受験にも役に立ちます。資格を持っていると受験に有利になることがあるので、英検の資格を取っておいて損することはないでしょう。そして次に小学生の内に、英検を持っていると中学生になった時に焦って受験する必要がないことです。高校受験の為に英検を取りたいと思っても、中学生はとても忙しいです。小学生のまだ時間がある内に取っていると時間的に余裕が生まれるでしょう。そして最後に英検という資格取得の過程で受験の緊張感を味わうことが出来、メンタルを強くする良い機会になるのではないでしょうか。小学生のうちに英検を持っていると様々なメリットがあります。