小学生のうちから英検を習えばペラペラになれる

グローバル社会を見据えて

女性と赤ちゃん

探すときのコツ

グローバル社会が到来したといわれて久しい昨今、英語教育の重要性は高まり続けています。小学校から英語教育が始まることになり、早期から英語教育をさせたいというニーズは高まっています。そのようなニーズを受けて、英語の授業がある保育園も登場してきています。保育園での英語の関わり方は様々で、完全に日本語を使わないインタースクール形式の保育園もあれば、週に数回授業や触れ合う時間があるだけの保育園もあります。探すときのコツとしては、エリア、触れ合う時間の頻度、子どもが馴染めそうかなどがポイントです。まずエリアについてですが、保育園はいざという時迎えにいけるくらいの距離にある方が何かと便利です。普段はバスで登園してもらうにしても、病気などのときは迎えにいかねばならないためです。災害時なども近くの方が安心です。そのため、よいと思っても、あまりに遠くにある保育園よりも近くの方がよいでしょう。二つ目のポイントが英語に触れ合う頻度です。当然ですが、触れ合う時間が長いほど英語を吸収する効果は高くなります。しっかりと英語を聞き取り、話せるようになってほしいのならば時間かしっかりとられているところか、インタースクール形式のところがよいでしょう。ただ、少ない時間でも吸収するので意味はあります。三つ目が子供自身の意向です。行きたがらないのに無理やり行かせても効果はありません。多少なりとも行く意欲を見せたところから選ぶ方が結果がついてきます。